読書備忘録ブログ

日々に流されないぞー!読んだ本とかマンガとかを感想とともに備忘録的に記していきます。

クラインの壺(岡嶋二人) PSVRちっくなリアル描写と、「時代がかった」素敵な80年代の若い男女のコミュニケーション

読んだ本をひたすら紹介していく本ブログ。

今回は、はい。言わずもがなの超傑作。「クラインの壺」(岡嶋二人)です。

 

ジャンルとしては、SFになるのかな?ただ作者はミステリで超有名な人(達)なので、ミステリ好きな人も楽しめます。ミステリ的に読んでも面白いです。

(達)と書いたのは、まあご存じの方も多いかと思いますが、岡嶋二人はその名の通り二人の作家の合作だからです。エラリー・クイーンみたいなものです。まあもう解散してしまいましたが。

Xの悲劇 (創元推理文庫)

Xの悲劇 (創元推理文庫)

 

 

話は、是非読んでもらいたいのですが、今話題のPSVRみたいなバーチャルなゲームやってるうちに世界が「終わってしまった」、という話です!(本当です)

 

ニートみたいな若者が、全身を覆うプラグスーツのようなベッドのような中に入り、美少女とかも出てきてうんたらかんたらやってみたいな次世代ゲームのテストプレイヤー、で、気づいたら・・・みたいな。

PSVRとの違いは、このゲーム機、全身で、しかも五感も再現してるってとこでしょうか。

PlayStation VR

PlayStation VR

 

 

この小説、1989年のものなのですが、今読んでも驚くほどゲームの描写とかリアルです。

 

そして!もう一つの魅力は、岡嶋二人の小説全部にいえるんですが、とにかく女性が魅力的!

この時代の小説って結構どれもそうなんですが、なんだか男女が自然に仲がよくて、快活なんですよね。

今のラノベとかもまあ僕は好きですが、今の若い人向けの小説に出てくる女の子は、簡単に言えば頭が悪くてビジュアルがエロいってことなんですが、岡嶋二人に出てくる女の子は、全然違います。頭いいですし、性格いいですし、一晩中飲みたいような、それでいてセクシー。

小説の中でも、ヒロインの女の子(この子もゲームのテストプレイヤーに選ばれたんですが)と、テストプレイ(謎の研究所で行われる)に行く時や帰るときに少しずつ話して仲良くなったり、そういう描写がほんとイイ!

そして、ゲームの描写はリアルなのに、そういう人間関係の描写の部分で、「ああ、昔の小説なんだな」って実感します。不思議ですが。

つまり、若い男女のコミュニケーションが、おそらく今とは違うんです80年代は。

言葉にしづらいですが、そういう部分で、「時代」を感じます。言葉遣いとかは別に変わりません。名前だって変わりません。たとえば平安時代とかは、名前からしてまず時代がかってますし言葉に至っては勉強しないと理解できませんが、80年代はあまり感じません。(若干ありますが)

若い男女のコミュニケーション、そこで、一番「時代」を感じました。

悲しいような興味深いような。

もちろんプロットは作り込まれてて最後まで一気に読み進められてむちゃくちゃ面白いです。

 

日本が明るくて元気があって、それでいていろいろなことに悩み始めた時代を象徴するような作家「岡嶋二人」の代表作「クラインの壺」。

 

まあ、読むべきでしょう。(読んでる人すごく多いでしょうけど) 

クラインの壷 (新潮文庫)

クラインの壷 (新潮文庫)

 

 

ノーゲーム・ノーライフ(1)

アニメで有名な本作。アニメは観たことがなかったのですが、ラノベで読みました。

Kindle Whitepaper買ってから、ラノベと洋書をよく読むようになりました。

(理由と、Kindle Whitepaperのご紹介も、していきたいと思います)

 

さて、本作、まずとても読みやすいです。

ラノベらしく、文字数も少なく、すいすいページが進んでいき、あっという間に読み終わってしまいます。

もちろん拡大率にもよりますが、Kindle Whitepaperであれば、おおむね1ページが1%ぐらいなので、100回ほどめくれば読み終わります。

 

内容については、うーん、なんかキャラがかわいくて、でもステフはかわいそうな感じですが、2,3巻も読んでおり、そこまで読み終わったらまた書きます!

 

 

 

鬱ごはん(1)

無職・ニート系のマンガを読んでいると、Amazonのリコメンドでそういう系のマンガが出てきます。

どれもおもしろそうなので、一つずつ読んでいこうかなと。

 

で、今回は「鬱ごはん(1)」(施川ユウキ)。

飯のうまさや、仲間と食べる楽しい飯をテーマにした本は多いですが、これは就職浪人中の主人公が鬱々と食事する本。

食べるものも、グルメなレストランやおしゃれなクッキングではなく、ファミレスや牛丼など、孤独な無職の若者が食べそうなものです。

で、「おいしい!」とかはなく、悶々と不安や孤独、虚しさを抱えながら、うまくもないと思いながらただ空腹だからという理由で、作業的に食事をします。

 

いいですねえ。 

 

 

トーキョー無職日記

大学中退した主人公が上京し、漫画家になりたいと思いつつ無職の仲間たちと過ごしてるうちになんとなく駆け出しの漫画家・イラストレーターになっていくまでを描いた4コマベースのマンガ。

僕も経験ありますが、職がないときの鬱々とした感じなど、結構おもしろくリアルに描けています。

 

福満しげゆき大好きですが、まあ似てる感じだと思います。

違いをいえば、福満しげゆきは、コンプレックスや性愛なんかの自意識の悩みとがっぷり四つに組んで、他人との関係性はあくまでその構成要素の一つとして描いてたりしますが、こちらは逆で、自意識よりは、他人との関係性の中で自身が変化していく様子の方にどちらかと言えば力点が置かれています。

 

どっちが好きかといえば、福満しげゆきの方が好き、というか福満しげゆき大好きですが、こっちも結構おもしろいです。読んで損はないと思います。

 

作者の年齢や話の中身から考えるに、90年代末〜2000年代初頭の、いわゆるネットの「古き良き時代」のことで、個人サイトやチャットをハブに人間関係ができていきます。

 

今はまた違った形になるんでしょうけど、まあそういう意味で、あの時代のネット文化をリアルの側面から描いているという楽しみ方もあるのかなと。 

 

今のこういう若者は、どこで何してるんでしょうか。

やっぱ吉祥寺にいるのかな?

 

トーキョー無職日記

トーキョー無職日記

 
トーキョー自立日記

トーキョー自立日記

 

 

ぐらんぶる(1)(2)

海沿い(伊豆)の大学のダイビングサークル が舞台。

ダイビングやりつつ飲みやら恋愛やらの馬鹿サークルのノリ。

最高におもしろい。

大学時代を思い出します。

僕が入ってたのも、飲みが多いサークルだったので、「あるある」みたいな描写も多くて。

久々に笑っちゃいました。

 

 

アイアムアヒーロー(16)

展開が遅いとか言われるけど、映像的に見てる感じで好きです。

ストーリーは16巻から新展開で、ゾンビ化の謎に迫っていく感じ。

ジョジョもそうだけど、なんか最近読んでるマンガはゾンビ系が多いなあ。

 

 

  

 

まずはジョジョから

備忘を兼ねて、読んだ本とその感想とかを書いていく予定。

まずはジョジョ。今更感あるけど、ずっと読まねばと思っていて10年くらい経った。ようやく読み始めた。

 最初はファントムブラッドというシリーズらしい。

とりあえず2巻まで読んだ。

普通におもしろい。イメージしてたよりも歴史ちっくな壮大な話だった。

 

ジョジョの奇妙な冒険 (1) (ジャンプ・コミックス)

ジョジョの奇妙な冒険 (1) (ジャンプ・コミックス)